横浜の整体院を口コミ・施術力・料金で見極める
HOME >  整体で改善できる症状 >  スポーツ障害(野球肩、ゴルフ肘、捻挫)

スポーツ障害(野球肩、ゴルフ肘、捻挫)

原因

適度な運動が体によいことはいうまでもありませんが、度を過ぎたり、間違ったフォームや練習法によって、体に著しい負荷を与えてしまうと、障害を発する場合があります。
スポーツ独特の姿勢や動作などの影響で起こる障害を、スポーツ障害と呼びます。

例えば、野球。
プロだけでなく、高校生などアマチュア選手でも、故障によって選手生命を絶たれることがあります。
特に野球の場合、利き腕の肩は酷使されがちで、オーバートレーニングや無理のある投球フォームによって、肩関節の軸がズレてしまい、痛みを発します。これを野球肩といいます。

近年、女性のプレイヤーも増えて普及率の上がっているゴルフにも、ゴルフ肘と呼ばれる障害があります。
飛距離を伸ばそうとする気持ちが肘に負担をかけ、右打ちの場合であれば、左肘の外側や右肘の内側に痛みが走ります。前者は上腕骨外側上顆炎、後者は内側上顆炎といわれます。

また、スポーツ全般でもっとも多くみられるのが捻挫です。
捻挫とは、関節を無理な方向に捻ったりすることで、その関節を支えている靭帯が伸びてしまったり傷ついたりする状態をいいます。
スポーツの激しい動きを支えるだけに、足首の捻挫が起きるケースが多いようです。

整体での施術方法

スポーツ障害の場合、そのスポーツの動作などに精通した専門家のいる整体を選ばないと、効果的な治療を受けられない可能性があります。

例えば、野球肩の場合、ボールをリリースするための動作が、もっとも負荷がかかるわけですが、人によっては他の動作に原因がある場合もあります。
投球する動作は肩だけでできるわけではありませんし、痛めている部分をしっかり見極める知識と技術が必要となるのです。

予防法

野球肩やゴルフ肘などは、正しい指導者についてフォームを矯正してもらったり、オーバートレーニングにならないように気をつけることが基本です。

また、スポーツ前後の入念なストレッチや、後のアイシングやマッサージなど、自分でもできる対処は多々あります。痛みが発症してからでは逆効果になりがちですが、周辺の筋肉を筋力トレーニングで鍛えておくことで、スポーツ障害の予防にもなるようです。
エルボーバンドなどのサポート装具を使うのもいいでしょう。