横浜の整体院を口コミ・施術力・料金で見極める
HOME >  整体で改善できる症状 >  坐骨神経痛

坐骨神経痛

原因

坐骨神経痛とは、文字通り坐骨神経に痛みを感じる状態を意味しますが、この場合、坐骨神経自体に問題がある病気というよりは、腰椎や椎間板などに原因があり、それらが坐骨神経を刺激して痛みとして感じるわけです。
坐骨神経は、腰椎の間から骨盤をくぐるようにして臀部から足へと通っている、抹消神経の中でももっとも太くて長い神経。これらが圧迫されたりすることで、痛みという症状になるのです。

比較的若い世代で見られるのは、椎間板ヘルニアや梨状筋症候群によるものです。
一方、高齢者に見られるのは、変形性腰椎症や脊柱管狭窄症などによるものが多いようです。

整体での施術方法

坐骨神経痛を引き起こしている原因を特定して、それを治療する必要があります。
整形外科や整骨院にも行ってみたが結果が思わしくなく、カイロにたどり着いたというような方も多いようです。

椎間板ヘルニアが原因の場合であれば、その負担を減らすための筋肉調整や関節調整をするといった治療がなされます。
梨状筋症候群が原因の場合であれば、梨状筋を緩める治療がなされますが、これは対症療法にしかならないことも多く、骨盤や股関節など関連する要因を改善する必要があるようです。

予防法

神経痛であることから、腰部や下肢が冷えないように気をつけたり、血行をよくすることを心がけるとよさそうです。
腰への負担も痛みを増すことになるので、足を組んで座ったり、無理に重いものを持ち上げるような動作は極力避けたいところです。

また、布団やマットレスなど寝具にも気を配る必要があります。
毎日、腰が沈み込むような姿勢で寝ている場合、腰への負担がかかりますので、痛みが出る側の腰を上にして横向きで寝てみるなどもよいようです。