横浜の整体院を口コミ・施術力・料金で見極める
HOME >  整体で改善できる症状 >  妊娠・産後に伴う症状

妊娠・産後に伴う症状

原因

◆妊娠中

妊娠中に生じる腰痛の主な原因は、胎児の重さによる母体の重心変化と、骨盤の緩みです。

胎児がお腹の中で大きくなってくると、母体の重心は前のほうに移動する傾向があります。それにあらがうかのように腰は反っていくので、腰の筋肉に過度の負担を与えて腰痛を引き起こします。

また、妊娠中は出産に向けて徐々に骨盤が開いてくるため、関節を安定させるために筋肉へ過度な負担がかかります。この骨盤のゆるみも、腰痛の原因となります。

◆産後

産後は、腰痛と腱鞘炎に悩まされることがあります。

まず、腰痛の原因とされるのが、妊娠中に減った腹筋の影響です。

上記のとおり、妊娠中の母体は腰を反り返す姿勢をとってしまうことが多く、その影響で腹筋が弱くなります。

出産後は姿勢が元に戻りますが、弱くなった腹筋の影響で腰痛が生じることがあります。

また、育児の疲労によって腰痛が生じることもあります。

腱鞘炎の原因は、主に育児における筋肉の使い過ぎです。

赤ちゃんを抱っこすることが多くなると、本来の筋力の限界を超えてしまい、手首に負担がかかって炎症を起こす可能性があります。

また、妊娠中と産後におけるホルモンバランスの違いが関節へ負担をかけ、腱鞘炎の原因となることがあります。

整体での施術方法

◆妊娠中の症状に対する施術方法

カイロでは、筋肉の緊張をほぐすための緩和操作やストレッチなどでケアをします。症状に応じて、腰筋のみならず大腿部、鼠経靭帯などの緊張にも施術を実施します。
胎児への事故がないよう、側臥位(横を向いて寝ている状態)で施術を行うなど十分な注意が必要です。

◆産後の症状に対する施術方法

腰痛への対処については、妊娠中に定着してしまった前かがみの姿勢を正すとともに、かつ腰の筋肉の緊張を緩和させるストレッチなどを行ないます。同時に機能低下が見られる部位に関してエクササイズなどを行うことで、筋力回復をめざしたりします。

腱鞘炎への対処については、赤ちゃんを抱っこする際の姿勢の指導や、緊張した筋肉を緩めることで快方に向かうことがあります。

腱鞘炎になったら、なるべく早めに対処することを心がけましょう。

予防法

◆妊娠中の症状に対する予防法

腰や背中の筋肉に負担を与えすぎないことが予防法となります。

具体的な方法としては、骨盤ベルトを巻く、腰を伸縮させるストレッチをする、腰や背中の筋肉を手のひらで優しくマッサージしてもらうなどです。

◆産後の症状に対する予防法

腰痛の予防法としては、妊娠中と同じです。骨盤ベルトやストレッチが有効でしょう。

腱鞘炎の予防法としては、抱っこによる重さを分散させて、一部の筋肉・腱への過度な負担を避けること。また、普段からマッサージ、ストレッチなどを通じて手首などの筋肉をほぐしておくことも大事です。