横浜の整体院を口コミ・施術力・料金で見極める
HOME >  整体で改善できる症状 >  骨盤の歪み

骨盤の歪み

原因

骨盤の歪みは、大きく分けると、左右の歪みと前後の歪みの2種類があります。
歪みの原因はもちろん多種多様ですが、誰もが思い当たる日常生活レベルでも、足を組んで座るクセや、常に一方の肩や手で荷物を持つクセなどが影響を及ぼしているのです。
こうした姿勢や動作は、多くが無意識で行われているので、誰にでも骨盤の歪みは起こりうる問題です。

スポーツ選手を例に考えれば、どうしても利き腕や利き足を酷使するケースが多く見られますが、日常生活においても、体の左右バランスを均等にすることは容易ではありません。

また、猫背や足を前に投げ出して座るクセは、骨盤の前後の歪みに影響するといわれています。
特に妊娠中は、おなかに赤ちゃんを宿すことで、どうしても前後の重心バランスが変化してしまいます。
加えて、出産するための自然な体の反応として、骨盤が緩くなっていくので、歪みが起きやすくなってしまいます。

整体での施術方法

骨盤の周辺には様々な筋肉が集まっているため、整体ではそれらを調節することで、骨盤の歪みを矯正します。

また、骨盤は男女で大きく異なり、女性は左右が広く天地が狭くなっています。これは、出産するという体の機能とも関連していると思われますが、妊娠中から整体に通って骨盤矯正しておけば、産後の歪みも軽減されることが多いようです。

予防法

日常的に、左右や前後のバランスが悪くなるような姿勢や動作を、できるだけしないようにすることはもちろんですが、比較的若い世代に見られる姿勢で、組んだ足の先をさらにもう1回絡めるような座り方や、足全体を床につけて膝から先を左右に開くようなアヒル座りは、本来逆三角形に見える骨盤のシルエットを、四角くしてしまう要因にもなるので、絶対に避けたいところです。

骨盤は、大きなふたつの腸骨と中央の仙骨を、仙腸関節によって動かしていますが、この関節を日頃から動かすように心がけることで、筋肉の硬直を緩和することもできるようです。